誰でも作れるクレジットカード。学生、外国人、主婦、ニート、、、

現在、様々な企業がクレジットカードの発行を行っています。以前は信販系と銀行系とよばれるカードがほとんどでしたが、現在では流通系やメーカー系、更には石油系と呼ばれる幅広い分野のカードが出現してます。そのカードによって得られるメリットも異なってくるので、申し込みを行う際には良く情報収集を行う事が大切です。信販系と呼ばれるカードは、信販会社が発行するカードになります。この信販系のカードの最大との特徴としては、分割払いの設定があるということです。

銀行系と呼ばれるカードは、銀行や銀行の子会社が発行しているカードになります。日本には5社の大手と呼ばれるカードがあり、銀行系のカードの多くはこの5社のカードとなっています。流通系と呼ばれるカードは、百貨店やスーパーなどが発行しているカードになります。この流通系のカードの特徴としては、そのカードを発行している店舗でカードを使って買い物をする事で、クレカの還元率によって割引やポイント付与などのサービスが受けられるという点になります。

また、信販会社と提携している場合が多いので、分割払いが使える点も見逃す事が出来ないメリットとなっています。メーカー系と呼ばれるカードは、メーカー系割賦販売会社やメーカー系金融会社が発行しているカードになります。そのメーカーの販売している商品を購入する際に、使用すると特典を得る事が出来るカードとなっています。このように、様々な会社が顧客獲得を目的としてクレジットカードの発行を行っています。新規会員獲得のためのキャンペーンなども良く行われており、キャンペーン期間中に入会する事で、更にメリットを多く受ける事も出来るので、良く吟味する事が大切です。

 

外国人でもクレジットカードを作れます

留学生OK!外国人のクレジットカードを日本で作る事は可能です。ですが少し、審査のハードルが高くなってしまう場合が有ります。これは収入がいくらとか職業が何だといった事ではなく、いつまで日本にいるのかという事が重要なポイントとなります。信販会社としては、クレジットカードを使用した後に帰国されては困ってしまいますので、これから先にどれだけ長く日本にいるのか、という事を重視します。

ですから日本での滞在期間が長く、これからも日本に住み続けるという事が分かれば、審査はパスすることが出来るはずです。逆に日本に来たばかりの人は、まず審査には通らないと考えておいた方が無難でしょう。もし前に住んでいた場所で使っていたクレジットカードが有るのなら、それを使用する事をおすすめします。

十分な収入があるし、仕事もきちんとしているのに審査にパス出来なかった、となると自分が外国人だからだと思われるかもしれません。ですが実際のところはそうではなくて、日本に住んでいる実績があるかどうを問われているだけなのです。ですからクレジットカードを申し込む場合は、日本に来てから何年か経ってから申し込みをした方が、より確実に審査にパスすることが出来るでしょう。

 

まずは審査の甘いクレジットカードにチャレンジ

今回ご紹介したいのは、比較的に審査の甘いクレジットカードです。私は去年に日本に帰ってきたばっかりなので仕事の年数も浅く、こんな自分でもクレジットカードなんて持てるのかな?と思っていましたが、あっさり審査が通ってしまいました。実際のところ、アルバイトを始めて2ヶ月目で作ろうと思ったらその時はダメでした。

一応審査が甘いと評判のところでしたが、書き込んだ内容が非現実的と言うか、この収入でこんなにクレジットカードで払うか?という金額を書いてしまったため失格でした。私の趣味はネットショッピングなのでそのあともどうしても作りたくなってしまいもう一度チャレンジしてみました。すると今度はいとも簡単に作れてしまい2週間ほどで家に届きました。手元に届いた時は結構楽しみにしていたので嬉しかったです。

やはりクレジットカードを持つと飛行機のチケットなんかを買う時も楽ですし、現金おろすの忘れたなんて時もカードがあれば支払いはできるので心強いです。もちろんネットショッピングも一々コンビニや銀行で払う必要もなくなったので時間的にも助かってます。それから何と言っても忘れちゃいけないのが特典です。何かとポイントを貰えたりなんかして得した感じです。思ったほど作れないものじゃないですね。

 

クレジットカードを作るなら比較サイトを利用しよう

最近はクレジットカードを2、3枚は持っているという人もたくさんいて、状況に応じて賢く使い分けている人もたくさんいます。生活の様々なシーンで役立つので、ショッピング用や海外旅行用などと、用途に応じてお得なカードを選ぶことができます。これからクレジットカードを作ろうという方は、まずはどの目的で利用するのかを考えて作るのがおすすめです。

例えば、ショッピングでお得になるカードを作りたいなら、自分が良く買い物するデパートやスーパーでポイントが貯まりやすいカードが良いでしょう。ネット上にはカードの比較サイトもたくさんあるので、目的別に検索すると、自分に向いているカードが見つかりやすくなります。車通勤をしていたりドライブによく行くという方なら、ガソリンを入れる時に割引きになったりポイント還元率が高くなるカードがおすすめです。

このように、利用目的をはっきりさせてからカード選びをすると、お得に利用できるカードが見つかりやすくなります。比較サイトには目的別に人気のカードの特徴などもまとめられているので、参考にするのが良いでしょう。自分の生活シーンに合っていて、お得に利用できるベストチョイスをするのがポイントです。

 

 

アコムマスターカードであれば持つことができる

アコムマスターカードというのは、審査が厳しくはないということが特徴として上げることができます。そのため、契約社員や学生、主婦の方でもこのカードを持つというのは十分可能なものと言うことができます。カードというのは、使うことが無くても、持っていることで安心できるという事ができ、またそれを利用することでできることの幅が広がるものと言うこともできます。これを持つためにまず審査を受けてみるというのは有効な方法と言うことができます。

クレジットカードやキャッシングカードというのは金利がかかるため、その利用を控えるという方も多いと思いますが、計買うに利用できるのであれば、非常に便利なものと言うことができます。お金に余裕がないという場合でも、計画に利用することで、いろいろなことにチャレンジすることができるようになると言うこともできます。またアコムマスターカードであれば、金利の面で有利と言うこともできるため、魅力的なカードという事ができます。

お金が必要になるときには、できる限り早くお金を手に入れたいと考える状況というのは多いはずです。そのようなときに、すぐに審査、また即日融資を可能にしてくれる、アコムマスターカードというのは魅力的な存在です。いろいろなカードはありますが、その中でもスピーディーな対応という点では、非常に有力なところと言うことができるでしょう。このようなカードを持っておくというのは、非常に魅力的なものと言うことができます。

ちなみに、、、
外国人でもキャッシングOKな会社があるらしい

最近では、キャッシングと言う便利な物があり、消費者金融などもテレビCMやインターネットの広告などで誰でも知っている存在になってきて多くの人が利用をしています。また消費者金融の審査内容はとても甘くて、審査スピードがとても速く即日対応をしてくれるので、急に現金が必要になった時などにはありがたい存在になっています。

うわさによると外国人の友達でも借りれたようなので、そういう会社もあるようです。僕もよく仕事で出張や旅行に出かけた時利用をしています。大手の消費者金融は提携をしているコンビニや大型ショッピングセンターなどのATMで24時間いつでも借り入れをする事ができるので営業所などを探す必要もないので知らない町に出かけた時にはキャッシングがとても便利だと感じています。

またATMなどでも返済をする事が可能になっていて、余裕のある時には多めに返済をする事ができるので金利を減らす事もでき、また返済を早く終わらす事も出来るので素晴らしいシステムだと感じています。また最近では、インターネットの普及で便利な世の中になってきて、インターネットから申し込みをする事もできるようになり、24時間申し込みを受け付けてくれるので忙しい人や人目が気になる人にはとても効率よくて便利です。

気になる審査結果などは事前に登録をしているメールアドレスに結果を知らせてくれるので便利な世の中になっています。また会員ページなどを利用して、現在の利用状況などを確認する事ができるので、残りの返済額などがわかるので計画などが立てやすくなっています。キャッシングの審査を外国人の友達が通ったと聞いたときは驚きましたが、消費者金融を調べてみると外国人OKな会社もあったので納得しました。

 

クレジットカードを取得しやすい属性

商品購入時や飲食店を利用した後の、キャッシュレスでの会計や分割後払いの会計方法として、またオンラインショッピングをはじめとした通信販売時の各種の手数料が掛からない会計方法として利用できるのがクレジットカードです。利用シーンは年々増えており、社会人として日常生活をおくる上で一枚は保有しておきたいカードでもあります。このクレジットカードを保有するためには、申し込み時に即時発行してもらえるわけではなく、各業者によって独自の基準が設けられた審査を受ける必要があります。

この審査に通過してはじめて、カードを発行してもらうことができるのです。そして、この審査の際に見られる、各個人がどのような人物なのかを判断する材料が属性と呼ばれています。属性として取り扱われる項目は、各業者とも原則としては非公開の情報となっており、またどういった項目の優先度が高く設定されているのも、利用者の立場からは厳密には知ることができないものとなっています。

しかし、一般的に考慮されるケースが多い項目を挙げることはできるものとなっています。それぞれ、就いている職業と年収、また勤続年数はどれくらいになるのかといった、収入に関する項目は各社とも優先度が高い項目とされています。

また、居住形態やその居住年数も考慮されるケースが多くなっています。さらに、これまで他社で借入れたお金やクレジットカード利用時の支払いに遅延や滞納がなかったかといった項目も優先度が高いものとなっています。審査とは、発行希望者の支払い能力を事前に確かめるための行程なのです。最近では、消費者金融やデパート。大型スーパーとの提携でお得なクレジットカードが多数あります。アコムマスターカード申し込みをしたけれど、デパートのキャンペーンでまたクレジットカード申込みしてしま”